高価なホテルでもお腹を壊すことがある?海外での食事は用心しよう!

一人旅行でも慣れてきた国に行く時は少しグレードアップしたホテルに宿泊したくなるのが日本人の心境(?)。

今回は確かに古めのホテルではありましたが某有名サイトでも星が五つ、一般人が口コミを書くことが出来るサイトでも高評価のホテルが直前だからなのか激安で予約できたのと、現地が悪天候でなんとフライトが天候の回復を待ってからの到着とのことで1時間半も遅延。

空港からのバスや安い移動手段が見込めず自力で行ける公共機関からタクシーでホテルまで移動。星付きともあれば飲物も期待できるはず…!と思って乾きを潤す為に部屋のミニバーの缶ビールを到着早々にグビグビ…!

いつも日本でも飲んでいるビールで特に賞味期限も確認せず一口、二口…ん?なんだか味が違うけど、疲れているからかな?と。半分くらい飲んであまりにも味が違うので、洗面所で結局捨てる事に。見事に一時間後に劇的な腹痛になるトラブルでした。

医療機関よりも地元民の知恵、民間療法しかないトラブル撃退

半分飲んであまりにもおかしいと思ったので、まぁ捨てるか…と洗面所で缶をさかさまにして捨てる。

「とぽとぽとぽ…」と缶から液体を捨てる音が自然と続いてたのに、最後には奇っ怪な音が!「どぅるん…!」そうです、スライムのような液体というよりもむにゅむにゅ体が缶から滑り落ち、洗面所の排水溝に吸い込まれていくのを未確認物体をみました。

ええ、賞味期限なのか缶に薄ら穴でも空いていたんでしょう。もちろん排水溝に入ったので証拠もなく、英語で怒鳴りつけるも立ち会ってもらえず。

仕方なしに町中の薬局や漢方屋にたずねると、お粥とお茶と水分であとは眠りなさいとのこと。

そうですね、胃袋に優しい物を食べて出すしかない。薬にはとくに頼るなとのこと。

その通りにして、数時間休むと、原因不明のように鳴り響いた動悸息切れと、お腹からのサイレン、ぐるぐるぐる…というあの音すらも消えて回復しておりました。トラブルは自然療法で撃退ですね。

五つ星でも高評価でも缶飲料を信用するな!と言い聞かせる。

信用しなければ安心しない。そして安心しなければ常に自分で、本当にこれに耐えることが出来る胃袋や強靱な肉体を持っているのかと、危機管理が出来ます。

そうです、いくら五つ星だからといってもホテルのミニバーの中にある飲物は町中で仕入れており運んでくる人も普通の人でケースから落としたりもしているのですから。

運ぶ人まで五つ星と言うことはありませぬ。誰にでもすぐに出来る秘訣はただ一つ。。。グラスに空けてから飲めば良いのです。

しかも、グラスに全部注ぐ!もしも量が多くてグラスが小さいという五つ星ホテルに滞在した私のような方は、缶を思いっきり逆さまにしてから中身をそそぐのです。そうすれば、「どぅるん」がグラスに近づき、ご自身を医療機器から遠ざけてくれます。

どぅるんの液体は色が違いますので、きっとあなたでも見分けれますから・・・・!ペットボトルで飲んでも、あれ?空いてる?みたいなことがありますからね。水と氷が一番の強敵であることを常にお忘れなく。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA